カルティエズム

カルティエとは

主にジュエリーメーカーとして世界中で知られているカルティエは、1800年代より続くジュエリー工房にルーツがあります。ルイ・カルティエが師匠から工房を受け継いだのが始まりです。
様々な国から御用達として重宝されることになりますが、王族でまず顧客になったのは、フランスのナポレオン3世の妻に当たるウジェニー皇后でした。元々フランスで有名でしたが、王族を顧客に持つということでその名前を広げることになります。
そして1900年代に入ると、プラチナ台に小粒のダイヤモンドを並べて形を作るガーランド様式を作り上げ、流行を生み出しました。フランスを拠点として国外のイギリスへも進出し、ルイの弟であるピエールがそこでの経営を担当しました。sその後イギリスやスペインの王室の御用達になり、1900年代の前半部分だけでヨーロッパを中心とした10以上の王族を顧客に迎えています。
カルティエはルイの息子であるアルフレッドや孫のルイにピエールやジャックといった血族による経営がされてきました。もともと創業者のルイはデザイナーとしてだけでなくビジネス面でも才能がある人で、その血が受け継がれて世界中に進出することになります。彼らの経営力で、ブランドが現代まで続いています。
カルティエといえば時計のイメージも強いですが、そのはじまりはルイの友人で飛行家のアルベルト・サントス・デュモンに依頼されたことでした。当時はまだ懐中時計が主流で、サントスは飛行機の操縦中に見やすいタイプが欲しいと伝えました。そうして誕生したのが、ブランドの名を冠した角時計です。腕時計は軍用などで作られたりしていましたが、これを元に一般向けの製品を量産したとして知られているのはカルティエです。そしてサントスに依頼されて作られた時計は、彼の名前と共に現代でも名残を留めています。またタンク・ウォッチも有名で、これは第二次世界大戦の終盤にパリが開放されたことを記念して作られたのが元です。四角く両サイドに厚みのある形状は、その名前のとおりタンク・戦車がモチーフになっています。
そしてブランドの代名詞のようにも扱われるトリニティ・リングは、フランスの有名人であるジャン・コクトーが小指に付けたことで知られています。コクトーがこの世に存在しないリングとして製作を依頼したという説がありますが、これは都市伝説程度のものです。実際にフランスを始めとした世界中で、この逸話が聞かれることはほとんどありません。

ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。